サイトがモバイルファーストインデックスに移行したかの判別方法(番外編)

2018年9月18日から19日にかけて、モバイルファーストインデックスが有効になったとの通知を受け取ったサイト運営者の方が多いようです。Twitterの投稿などでもモバイルファーストについての話題を多く目にしました。

私のサポートするお客様のサイトもモバイルファーストが有効になった旨の通知がGoogle Search Consoleから届きました。

Google Search ConsoleからMobile First Indexへの移行通知

MFIになると、ページのキャッシュデータもモバイルクローラーが読み取ったものに変更になるとGoogleが発表しています。

Google は検索結果と Google のキャッシュ ページにモバイル版のページを表示します。

3月27日にモバイルファーストへの移行開始の公式な発表が行われた後、MFIに移行したサイトでは、検索結果からページデータが読み取られたGoogleキャッシュを表示しようとするとエラーになると言う事例が関係者の間で話題となりました。

本日、Googleの検索エヴァンジェリストの金谷さんが投稿したツイートに、「MFI が適用されて、キャッシュを見ようとすると 404 となる場合がありますが…」とのコメントがあり、まだエラーが表示される状態があることを知りました。


モバイルファーストインデックスとなった顧客のサイトで重要な検索クエリで検索結果を表示して、ページのGoogleキャッシュリンクをクリックしたところ、404エラーとなりました。

Google キャッシュページを表示した際404エラーになりました

顧客サイトの主要クエリの検索結果のトップページに表示される競合サイトのページの約半分もキャッシュリンクをクリックすると404エラーとなっています。恐らく、エラーになったページのサイトは、モバイルファーストに移行したためと思われます。

モバイルファーストインデックスへの移行は、サイト運営者には通知が届くことで分かりますが、現時点でページのキャッシュリンクが404エラーとなるかどうかで、そのサイトがモバイルファーストに移行した可能性が高いことを示していると思います。

少し変わった判別方法で、いつまで有効かは不明ですが、短期的には他サイトがモバイルファーストへ移行したかどうかの判別方法として使えるのではないかと考えています。

 
更新情報:

2018年10月20日頃から、モバイルファーストインデックス移行ページの検索キャッシュが404エラーとなる問題は解決したようです。現在は、MFIに移行したページの検索結果でキャッシュを表示した時に、404エラーにならずに、キャッシュページが表示されるようになっています。

モバイルファーストインデックス移行ページの検索結果のキャッシュ404エラーの問題が解決! – ブロギングライフ BB

AMP レポートの警告は一日で検証合格となりました

昨日、Search Console のAMPレポートで一つのURLが有効(警告あり)となっており、何もせずに「修正を検証」のボタンを押して、検証をリクエストしました。一日経過して、レポートを表示してみると、「有効(警告あり)」が0になっていました。




上の画像は、AMPのイメージスライダーという機能を使用して、2つの画像を組み合わせて表示しています。左半分が警告なしとなったAMPレポート、右半分が警告付きの表示のAMPレポートです。中央の境界線をドラッグしてスライドするか、左や右側をクリックしたり、タップすると画像表示がスライドされて表示されます。少し分かりづらいかもしれませんが、2つの画像を比較するのに便利な機能です。

ステータスのところをクリックして詳細を表示すると、「必須の構造化データ要素のエラー」による警告の検証は合格となっていました。

AMPの警告の検証が合格した旨のメッセージ

これまでの経験では、検証をリクエストした後、結果が表示されるまでには、早くて数日、時間がかかる場合は、10日程度かかるのが通例です。通常、不合格の場合は、比較的早く結果が表示され、合格の場合は時間がかかります。一日で合格となったことはこれまでにありません。

警告がなくなって、気持ち的にはすっきりしました。尚、昨日、JSON-LDで構造化データのマークアップの出力を加える変更を行いました。Googleの構造化データのArticleのドキュメントには、画像のマークアップが必須となっています。サイズなども条件があります。

現状、画像に関しては条件を満たしていなくても、エラーや警告にはならないです。しかし、リッチリザルトに表示されるためには、適切な画像を設置することが求められます。ブログ記事でリッチリザルトに表示されることは、現状はほぼ皆無に近いこと、本ブログの記事は、検索のリッチリザルトに表示されることを考慮して作成していません。

AMP テストに構造化データの項目が含まれない理由

AMPテストを行った時に、構造化データの結果が表示される場合とされない場合があることについて、記事を投稿しましたが、どうやらAMP テストの仕様が変わったようです。

「通常の検索結果で表示されるAMPページでは、特別な構造化データのマークアップは必要ありません」と、鈴木さんの質問にJohn Muellerさんがツイートで回答しています。

 

現時点でAMPテストを行った場合、テストしたURLに構造化データが含まれている場合は、適切な構造化データが含まれている旨のメッセージが表示されます。構造化データが含まれていない場合は、この項目は省かれるようになったようです。

しかし、この仕様はまだ確定している感じではないような印象があります。Search ConsoleのAMPレポートの結果に構造化データが含まれていない警告の対象になっているURLが表示されたり、今週行ったAMPテストの結果でも警告が表示されたことがありました。