Google Arts&Culture と MoMA のTwitterアカウントをフォローしました

先週、@ツイートで特定の人とサイト運営とは異なる話題のやり取りをしました。

ブロギングライフTwitterでサイト運営関連以外の話題が人気?

話題は、主に英語の勉強に関連したもので、お勧めのドラマや映画などについて紹介したりしました。そのことが理由なのか定かではありませんが、突然、TwitterからGoogle Arts&Cultureのアカウントをフォローしませんかというお誘いが表示されました。

私は、SNSなどで個人の嗜好などで細かく把握されることに抵抗があるので、パーソナライズ広告などは無効にしています。しかし、SNSの基本的なビジネスモデルは、ユーザーの個人的な嗜好を把握したり、どの様な人々と繋がっているかという情報を元により効果の高い広告を表示させることが目的なので、好むと好まざるとにかかわらず、嗜好を把握されてしまうのは致し方ないことです。

Google Arts&Cultureと言うアカウントがあることを、Twitterの推奨で始めて知りました。Twitterに推奨されるアカウントを見ることで、嗜好を把握されると思うと、あまり気乗りはしなかったのですが、アカウントでどのような投稿をしているのか見てみました。

結構、面白そうな事柄を投稿していて、投稿頻度も適度なレベルだったので、フォローすることにしました。Google Arts&CultureのAMP用 Twitter タイムラインウィジェットで添付します。



AMPでのTwitter タイムラインの埋め込みは、現状、縦の長さを制御することができないため非常に長く表示されてしまうのが難点です。

Google Arts&Cultureのアカウントをフォローするかどうか考えている時に、MoMA(the Museum of Modern Art, ニューヨークの近代美術博物館)のアカウントもあることを知り、そちらもフォローしました。実際の所、MoMAはほとんど迷いなくフォローして、後からGoogle Arts&Cultureをフォローしました。(MoMAのタイムラインも本記事の下部に添付しています。)


 

以下は、MoMAのTwitter タイムラインです。Twitterのタイムラインでも目を楽しませてくれたり、知らなかった美術関連の情報などを得ることができるので、まだフォローして日が浅いですが、かなり気に入っています。