新サイト立ち上げ3ヶ月後のステータスとパフォーマンス分析評価

2018年11月13日から投稿を開始した新サイトの3ヶ月後のステータスとパフォーマンスの分析評価と考察を以下に記します。同様の分析評価を約1ヶ月前に行い記事を投稿しております。

新サイト立ち上げ2ヶ月後のパフォーマンス分析評価

立ち上げ3ヶ月後のサイトステータス・パフォーマンス評価

最初の記事を投稿から約3ヶ月後のSearch Consoleのレポートなどを元にした分析を行います。

インデックス・カバレージ

有効なインデックス数は93です。1ヶ月少し前に行った分析の際は、69でした。

サイト立ち上げ3ヶ月後のインデックスカバレージレポート

上記レポートは、2月9日更新のものです。ウェブページのURLの送信済みが97で、全てインデックス登録済みとなっています。

立ち上げ3ヶ月後のサイトのサイトマップインデックスステータス

備考:
サイトマップで送信したURLとインデックスに登録済みの数は近い方が望ましいです。多少の差がある場合は問題ありませんが、大きく乖離する場合には、インデックスされない理由などを調べた方が良いです。

クロール統計情報

サイト立ち上げ3ヶ月後のクロール統計情報

直近90日間の一日当たりのクロールされたページは、最高1511、平均328、最低が46でした。約一ヶ月前の指標は、最高872、平均151、最低0でした。前回の数値は、記事を投稿していない約1ヶ月分の数値(基本的に0)が含まれるため低くなっていますが、直近1ヶ月間の一日あたりのクロール数は上昇傾向にあります。

クロールの訪問回数は、直接的には検索パフォーマンスに関連しませんが、検索での訪問が増えたりする場合には、クローラーの訪問回数も増加することが多いです。

検索パフォーマンス

サイト立ち上げ3ヶ月後の検索パフォーマンス

過去3ヶ月の検索パフォーマンスレポートで表示される主要指標の合計クリック数は971、合計表示回数は22,400、平均CTRは4.3%、平均掲載順位は30.3でした。前回の数値は、同順で246, 6462, 3.8%, 48.3でした。前回は2ヶ月分のため約三分の二に相当しますが、検索でのクリック数、表示回数は上昇傾向にあります。

前回の分析でも述べておりますが、検索での表示回数が比較的多い数値(今回の場合は2万2千回)であることは、上昇余地があることを示しています。

検索パフォーマンスレポートのクエリ数

検索パフォーマンスレポートに表示されるクエリリストの下に、1ページ当たりの行数とクエリの件数が表示されます。レポートで表示されるクエリ件数の最大は1000です。

前回はクエリの件数が882でしたが、今回は最大の1000となりました。

Search Console 検索パフォーマンスレポートの下部に表示されるクエリ数

1000以上の検索クエリでサイトのページが表示されるようになったことを示しています。表示される検索クエリが多くなることは望ましいことですが、今後はより多く検索されるクエリで表示され、そしてより高い検索順位で表示されるように記事の内容などを強化、改善していくように取り組んでいきます。

検索での見え方

以下は、Search Console パフォーマンスレポートの「検索での見え方」の部分です。

本サイトはAMPに対応しています。AMPでの通常の検索結果(Non リッチリザルト)のクリック数は686, 表示回数は12812です。全体のクリック数が971の内、AMPでの検索表示が3分の2を上回る結果となっていることが分かります。

立ち上げ3ヶ月後サイトの検索での見え方指標

数は少ないながら、リッチリザルトでも表示されています。さらに少ない件数になりますが、AMP 記事でも表示されています。

サイトが成長し、検索でもより多く、高い順位で表示されるようになれば、リッチリザルトでの表示回数も増えてきます。また、リッチリザルト表示で高い順位で、魅力ある表示になるように構造化データの出力内容なども考慮した設定改善も課題の一つです。

総合分析と考察

一般的に、新しいサイトが検索エンジンから評価されるようになるまでには、時間がかかります。現時点までの検索パフォーマンスレポートなどの結果から、本サイトは比較的順調な滑り出しすることができたと考えております。しかし、サイトの運営期間は非常に短いため、未知数なところも多々あります。

現時点で運営期間3ヶ月を超えたので、今後は3ヶ月のデータを比較することができます。(前回は2ヶ月分のデータのため、運営期間が短いので直接比較にはなりません。)

1ヶ月後に主要指標の数値がどの様に変化するかに注目しています。同様の比較を3月中旬に行う予定です。

新サイト立ち上げ2ヶ月後のパフォーマンス分析評価

2018年11月13日から新しいサイトを立ち上げ投稿を開始しました。サイト立ち上げ(投稿開始)から2ヶ月が経過した時点でのパフォーマンスなどの評価と考察を行います。

サイト立ち上げ2ヶ月後のパフォーマンス評価

以下は、最初の記事を投稿してから2ヶ月後のSearch Consoleのレポートを元にした新サイトのパフォーマンス評価分析です。

インデックス・カバレージ

以下はSearch ConsoleのIndex Coverageのレポートです。有効なインデックス数は、69です。新サイト立ち上げ2ヶ月後のSearch Console Coverage レポート

尚、このレポートの更新日は、1月7日です。Search Consoleのレポートの更新は、数日程度遅れがあります。

旧Search Consoleのサイトマップのレポートでは、送信済みが84で、内81がインデックスに登録済みとなっています。

旧Search Consoleのサイトマップレポート

クロール統計情報

クロールの訪問頻度、訪問回数は、直接的には検索パフォーマンスには関連しませんが、間接的にはパフォーマンスに関連する目安のひとつとなります。一般的に、検索での訪問数が急に増えると、クロールの訪問頻度、回数も増えます。投稿されているページ数とも関わりがあります。

新サイトの場合は、立ち上げ1ヶ月後からは、一日当たりのクロールされたページ数は、平均で200を超えています。

新サイト立ち上げ2ヶ月後のクロール統計情報

立ち上げて間のない新サイトの場合、クローラーの訪問回数は少ないのが通常です。このサイトは、比較的、クローラーの訪問が多いほうです。新サイトでクローラーの訪問が多い場合は、検索エンジンのアルゴリズムから注目されていると推測します。

クロールされたページ数が多ければ良いと言うような単純な尺度で判断することはできませんが、クロール頻度が高いことは材料としては悪くありません。

検索パフォーマンス

以下は、Search Consoleの過去3ヶ月の検索パフォーマンスレポートです。このサイトは、記事の投稿が11月13日からなので、パフォーマンスレポートの表示は、過去3ヶ月ではなく、指標が記録され始めた時点からのチャートが表示されています。

新サイト立ち上げ2ヶ月後の検索パフォーマンスレポート

まだ立ち上げて2ヶ月しか経っていないため、絶対的なクリック数は少ないです。平均掲載順位が48.3と低いために平均CTRも低くなっています。

しかし、合計表示回数は6,462と比較的多い数となっています。今後、掲載順位が高くなっていけば、合計クリック数、合計表示回数、平均CTRも高まることが予想されます。言い換えると、合計表示回数が比較的多いことは、今後、検索順位が高まれば、アクセスが増える可能性、ポテンシャルがあることを示しています。

クエリ数

検索パフォーマンスレポートの下側には、クエリが昇順で表示されています。(検索クリック数の多いクエリが順番に表示されています。)クエリのリストの下に、1ページあたりの行数の設定に続いて、クエリの件数が表示されています。

現時点で、この新サイトのクエリの件数は882です。

新サイト立ち上げ2ヶ月後の検索パフォーマンス レポートのクエリ数

検索で表示されるページのクエリ数は多いに越したことはありません。投稿を開始して2ヶ月しか経っていないサイトで、クエリの件数が多いことは、検索エンジンからの評価がそれなりに得られていることを示す材料となります。

検索での見え方

以下は、Search Consoleのパフォーマンスレポートの検索での見え方です。AMP 通常の検索結果(Non リッチリザルト)のクリック数は162、表示回数は2587です。全体のクリック数が246、表示回数6462なので、AMPでの検索の表示比率は3分の1を上回り、クリック数の比率は半分以上となっています。AMPで表示されて、比較的、良好なパフォーマンスとなっていることが分かります。

立ち上げ2ヶ月後のサイトの検索パフォーマンス 検索での見え方

さらに数は非常に少ないですが、リッチリザルトでも表示されているのが興味深いです。一般的に、リッチリザルトは表示回数が多いクエリなどで表示されます。レポートの表示回数は少ないので、表示回数の多いクエリでない可能性が高いですが、それでもリッチリザルトで表示されることは、悪い材料ではありません。

総合的な初期診断と考察

上で紹介したようなSearch Consoleの各種レポートや指標や情報などを総合すると、まずは比較的、順調な滑り出しができたと考えております。

絶対的なアクセス数は、非常に少ないですが、今後、検索のパフォーマンスは良くなっていくと期待しています。もちろん、継続した記事の投稿や改善など更新が重要な条件としてあります。

6ヶ月後、1年後に期待通り、アクセス数がある程度伸びているか、そして、その時点でのさらなる伸長が期待できるかどうかというのが、中期的な判断ポイントとなります。

当面、1−2ヶ月の頻度で、パフォーマンス評価について記事を投降する予定です。

新サイト立ち上げの目的、コンセプト、中長期の目標について

2018年11月13日から新しいサイトを立ち上げ投稿を開始しました。サイトを立ち上げた理由、コンセプト、中長期の目標などについて、以下に紹介します。

新サイト立ち上げの目的

私の運営するサイトは、ページビューや訪問者数(アクセス)を追求するようなコンセプトではないです。記事の内容とターゲット訪問者層も、基本的に多くの人を対象にしたようなものではありません。

(実際に)サイトを運営していることは、コンサルティングを行う上で、役立つことがあると認識しています。コンサルティングを行っている関係から、ある程度アクセスを重視したサイト運営も手がけてみようと思い、新サイトを立ち上げることにしました。

サイトのコンセプト

新サイトは、ある程度数が期待できる比較的幅広い層(多くの人)が興味を持つ分野の話題を取り扱うことにしました。ただし、芸能関係やトレンド系ではありません。私はそれらの分野については、全く知識、情報も経験もないため対象外です。実際の所、自分ではある程度の数が期待できると思っていますが、絶対数は多くない可能性も高いです。とは言え、これまでに扱ってきた分野よりは、一般的ではないかと考えています。

ある程度人気のある分野については、当然のことながら、既にその分野についての話題を取り扱うサイトや記事が多数あるのが通例です。事前に検索などを行ってみても、取り扱うサイトや記事はかなり多いように思いました。

検討している分野に関連したキーワードの検索を行って、それなりの数の記事が表示されたり、上位にランキングされる記事やサイトを見ることで、ある程度の需要があるかないかの判断の目安となります。

新たにサイトを立ち上げる場合は、既存のサイトや記事との差別化が必要となります。既存のコンテンツとは異なる切り口で、対象とする分野の記事を作成することをコンセプトにしています。

中長期的な目標

新サイトは、アクセスをある程度重視しています。そのため、中長期的な目標には、アクセス数も含めています。実際にサイトを立ち上げてある程度の期間運営しないと、現実に即したアクセス数の目標の設定は難しいです。しかし、ある程度の目論見、目安としては、1日の平均ページビュー数が5000から1万程度と設定しています。月のページビューとしては、15万から30万程度になります。

サイトのパフォーマンス評価について

サイトの集客は、検索をメインとして考えています。検索エンジンからある程度の評価を得るまでには時間がかかるのが一般的です。検索エンジンから評価され、検索ランキングで上位に表示されるようにならなければ、アクセスも増えません。そのため、短期的にはアクセス数は微々たるものとなります。具体的には、6ヶ月から1年程度の間は、準備期間のようなものになります。

しかし、ある程度初期の段階であっても、Search Consoleの検索パフォーマンスレポートの指標、その他のレポート、そして、Google アナリティクスの指標を分析することで、初期の診断は可能となります。

初期のパフォーマンス評価は、ページビュー数などよりも、新サイトの将来性などのコンセプトチェックや検索エンジンからどの様な評価をされているかを検索パフォーマンスやその他のレポートを分析して推測するなどの作業が中心となります。

パフォーマンス評価の具体的な例を別途、投降する予定です。

Google Arts&Culture と MoMA のTwitterアカウントをフォローしました

先週、@ツイートで特定の人とサイト運営とは異なる話題のやり取りをしました。

ブロギングライフTwitterでサイト運営関連以外の話題が人気?

話題は、主に英語の勉強に関連したもので、お勧めのドラマや映画などについて紹介したりしました。そのことが理由なのか定かではありませんが、突然、TwitterからGoogle Arts&Cultureのアカウントをフォローしませんかというお誘いが表示されました。

私は、SNSなどで個人の嗜好などで細かく把握されることに抵抗があるので、パーソナライズ広告などは無効にしています。しかし、SNSの基本的なビジネスモデルは、ユーザーの個人的な嗜好を把握したり、どの様な人々と繋がっているかという情報を元により効果の高い広告を表示させることが目的なので、好むと好まざるとにかかわらず、嗜好を把握されてしまうのは致し方ないことです。

Google Arts&Cultureと言うアカウントがあることを、Twitterの推奨で始めて知りました。Twitterに推奨されるアカウントを見ることで、嗜好を把握されると思うと、あまり気乗りはしなかったのですが、アカウントでどのような投稿をしているのか見てみました。

結構、面白そうな事柄を投稿していて、投稿頻度も適度なレベルだったので、フォローすることにしました。Google Arts&CultureのAMP用 Twitter タイムラインウィジェットで添付します。

AMPでのTwitter タイムラインの埋め込みは、現状、縦の長さを制御することができないため非常に長く表示されてしまうのが難点です。

Google Arts&Cultureのアカウントをフォローするかどうか考えている時に、MoMA(the Museum of Modern Art, ニューヨークの近代美術博物館)のアカウントもあることを知り、そちらもフォローしました。実際の所、MoMAはほとんど迷いなくフォローして、後からGoogle Arts&Cultureをフォローしました。(MoMAのタイムラインも本記事の下部に添付しています。)


 

以下は、MoMAのTwitter タイムラインです。Twitterのタイムラインでも目を楽しませてくれたり、知らなかった美術関連の情報などを得ることができるので、まだフォローして日が浅いですが、かなり気に入っています。😊

ブロギングライフTwitterでサイト運営関連以外の話題が人気?

ブロギングライフのTwitterアカウントは、フォロワー数は現時点で120と多くない(少ない)ですが、インプレッション数(見られている数)はフォロワー数よりも圧倒的に多いのが特長です。

インプレッションが比較的多いと言っても、絶対数は大したことはありません。今年の6月から8月の中頃まで、記事を投稿できておりませんでした。その間、代わりに少しツイートをしていたのですが、インプレッションは多くはありませんでした。

8月中頃から記事の投稿を再開し、投稿のお知らせをツイートし始めたところ、Twitterのインプレッションも増えました。ツイートをご覧下さっている方々は、記事の投稿にご興味があるのだと改めて思いました。

10月に入って、AdSense 公式ブログがこれからの15年に向けた長期的な指針、取り組みを発表しました。発表記事の日本語訳と考察を書き加えて、記事を投稿しました。この記事の紹介ツイートは、通常よりもかなり多くのインプレッションがありました。



 

翌週、10月8日にGoogleは、Google+閉鎖を発表しました。発表記事と日本語訳をブロギングライフに投稿しました。この記事の紹介ツイートも通常よりもインプレッション数は多かったです。



 

注目される発表などの記事の紹介ツイートが普段よりインプレッションが多くなるのは、納得できます。

ところが、数日前にサイト運営とは異なる話題を特定の人と@ツイートでやりとりしたところ、一日のツイートのインプレッション数が3500を上回りました。

 

10月12日のTwitterインプレッション数は3500を超えました。

通常、投稿記事のお知らせのツイートはそれなりのインプレッションがあります。この日は、記事の投稿は行なっておりません。投稿記事はなく、しかも特定の人に向けた@ツイートは、通常のTwitterアカウントプロフィールのタイムラインには表示されないものです。フォローしていない人がみるためには、パソコンでのTwitter Webクライアントの場合、通常のアカウントタイムラインが表示されるページ(プロフィールページ)から、「ツイートと返信」をクリックしてページを表示する必要があります。

ブロギングライフ Twitter 「ツイートと返信」のページ

通常、@ ツイートのインプレッションは少なくなります。

やり取りした話題は、主に英語の勉強に関連したもので、お勧めのドラマや映画などについてなどでした。サイト運営とは、全く関連性がありません。

サイト運営ではない話題だったので、珍しく思われて、一部の方が興味を持ったのかもしれませんが、インプレッション数が多いのは、不思議です。

本ブログでもサイト運営関連の話題を取り上げたら、読んでくれる人が増えるかは不明です。このブログの訪問者は非常に少ないです。😉